ゴルフのイロハ教えます。〜道具選び、スタイル、練習場〜

着用するアイテム

数多くの人々の間で、ゴルフは、紳士的なスポーツであるというイメージが定着しているようです。
そういった意味合いからすると、接待ゴルフなどに於いて、自身のプレイに手心を加えたり、手抜きをしたりして、相手に花を持たせようとする行為などは、スポーツマンシップを欠いた、愚劣なおこないであると言わざるを得ないと考えられます。
また、野球やサッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、シンクロナイズドスイミングなどのようなチームスポーツとは異なり、ゴルフは、原則的には、個人のテクニックやスコアの優劣を競うスポーツになります。
そのあたりの事情から、チームごとに異なるユニフォームなどを着用するケースは存在しないと思われます。
したがって、着用する衣服や帽子、靴、サンバイザー、携帯するバッグやクラブなどの用品は、基本的には本人の裁量によって、デザインやカラーなどといった仕様を決定することが可能となります。
とは言いながらも、あまりにも華美な装飾をほどこしたり、派手な色使いであったり、奇抜なデザインをしていたりするアイテムは、使用しない方が無難であると考えられますから、注意を払いたいものです。
また、Tシャツやタンクトップ、下駄、サンダル、鋭利な突起物のあるスパイクシューズ、ハイヒール、ブーツ、毛皮のコートなど、ラフ過ぎる格好や、動きづらい服装、グリーンなどを傷つけるおそれのある履物などの利用もつつしむよう、注意した方が良いでしょう。
と言いながらも、タキシードやスーツ、モーニング、紋付きはかま、着物、ドレスなど、あまりにも形式ばった服装をすると、動きづらくなったり、他のプレイヤーや観衆などから、人間性や常識を疑われたり、プレイへの参加が認められなかったりするリスクが低くはありませんから、気をつける必要があります。
そうした諸々のファクターを考慮に入れると、ポロシャツなど、襟の付いたカジュアルな上着などを着用するのが、無難だと考えられます。
また、芝の上は滑りやすいために、底にスパイクや滑り止め機能の付いたゴルフシューズを利用することは必要不可欠なファクターとなります。
しかし、金属製のスパイクは、グリーンを傷つけるリスクが高いので、使用を禁止しているコースがほとんどであるということです。
また、最近では、樹脂スパイクの付いたサンダルなど、上記に該当しない、例外的なアイテムも少なからず存在するということです。
Copyright (C)2017ゴルフのイロハ教えます。〜道具選び、スタイル、練習場〜.All rights reserved.