ゴルフのイロハ教えます。〜道具選び、スタイル、練習場〜

衣服や所持品、食事など

さまざまなバリエーションが存在するスポーツの中でも、ゴルフは、それほど激しい動きをともなったり、多くの身体的エネルギーを消耗したりする性質のものではないようです。
とは言いながらも、長い時間にわたって、コースの上を歩いたり、プレイに集中したりするためには、それなりの体力や持久力、精神力、集中力などが必要とされることになるでしょう。
特に、真夏の炎天下でプレイをする際には、熱中症や脱水症状などを引き起こすことの無いよう、水分補給や衣服の着脱などに充分注意を払うことが重要になってくるでしょう。
それに、太陽の光がまぶしくて、プレイに集中することが出来なかったり、ボールの位置を正しく把握することが難しくなり、ミスショットをしたりするリスクも低くはありませんから、注意を払いたいものです。
また、女性ゴルファーの場合には、日焼けや、強い紫外線を浴びたことによって、シミやそばかすなどといった肌トラブルが引き起こされることの無いよう、気を配ることも大切なファクターとなるのではないでしょうか。
そのような目的を果たすためには、紫外線防止効果の高い化粧品や乳液、ファンデーションなどを使用したり、サンバイザーやつばのある帽子、サングラスなどといったアイテムを身につけたりすることも有効な選択肢となるでしょう。
その他に、プレイを開始してから、すべてのコースを回り終えるまでには、長い時間がかかるケースは少なくないと思われます。
そういった事情を考慮に入れると、朝と昼、夕方、夜など、時間帯によって異なる気温や天候条件などにも充分注意を払う必要があるでしょう。
その種の問題を解決するためには、天気予報などをこまめにチェックして、当日の条件に見合うと思われるアイテムの準備をし、状況に応じて、フレキシブルに着用するものを変更するなどといった対策を講じることが必要となってくるでしょう。
そして、夏の暑いシーズンなどには、汗をふくタオルや、水分補給用のスポーツドリンク、ミネラルウォーター、お茶なども重要度の高いアイテムであると言って良いと思われます。
ただ、プレイ中に、コースの上でものを食べるなどといった行為は、マナーに反すると考えられますから、つつしむように注意をしましょう。
食事などは、プレイが終わったり、休憩に入ったりした時に、持参した弁当やサンドイッチを食したり、付近に設けられたレストランなどでおこなったりすると良いでしょう。
Copyright (C)2017ゴルフのイロハ教えます。〜道具選び、スタイル、練習場〜.All rights reserved.